歯周治療のメンテナンスを導入

かかりつけ歯科医療制度にともなう、「歯周治療のメンテナンス」が導入されました。

メンテナンスは、歯周病治療後の良好な口腔内の状態を長く維持する上で、欠かす事のでききないものです。

メンテナンス時に行うこと

歯肉状態の検査

歯牙と歯列のチェック

噛み合わせのチェック

専門家による歯面清掃

プラークコントロールの指導

必要があれば再治療

メンテナンスの目安

治療が終了した時点では平穏な状態にありますが、目安として1ヶ月〜3ヶ月ごとに適切なメンテナンスを行う事が望ましいといえます。
(個人個人により異なります)